トップページ > 2008 年04 月

2008年04月29日

石灰の混ぜ込み終了

4/27(土)に、畑の土の中和のため、石灰の混ぜ込みを行いました。

正確には石灰ではなく、「ホタテ貝殻粉末」で、アルカリ分だけでなく肥料の3要素(チッソ・リン酸・カリ)も少し含んでいるという、ちょっとお得な感じがするものです。

今回は「ホタテ貝殻粉末」1袋20kgを2袋・合計40kgを、1m2あたり約1kg撒き、いつもどおりスコップでコツコツと混ぜていきました。

昨年は土の中和が不十分だったためか、ほうれん草などが全然育たなかったので、今年はこれで十分酸性が中和された・・・と思いたいです。

次は畝を作る予定の場所に溝を掘り、肥料の鶏糞を入れる作業が待っています。
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土作り

2008年04月24日

何とかアスパラガスも育ちつつある

昨日畑を見たら、にらと同様に粘土質のところに植えてあるアスパラガスの株から、芽が出て育ってきていました。

昨年は、その前の年にポットで育てていたアスパラの苗を畑に定植してみましたが、植えた場所が過酷な環境だったためか、10株植えてちゃんと成長したのは6株のみ。

今年の最初の土起こしのときには、アスパラガスはにらと違って全く芽が出てくる気配が無かったので、「これは駄目かもしれない」と思っていたら、6株のうち5株から、ちゃんと芽が出てきており、しかも最も成長が早い株では、小指の太さぐらいの立派なアスパラガスが伸びてきていました。

株によってはまだひょろひょろの茎しか出てきていませんが、やはりにらと同じく、株の周りを耕して肥料を入れてやらなければ、と思っています。

それにしても、野菜が育ってきているところを見ると、こちらも野菜から気力をもらえる気がします。
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アスパラガス

にらが伸びてきている

最近は気候が暖かくなってきたためか、2年前から植えているにらが2週間ほど前から芽を出し、ぐんぐんと伸びてきています。

(ちょうど最初の土起こしのときには、にらの芽はぼちぼちと出始めていた。)

あまりにも粘土質の場所に植えてあるので、(少しは黒土を入れてあるとはいえ)今年はちゃんと芽が出て育つだろうか?と心配していましたが、何とか大丈夫なようです。

ただ、うちの畑でにらの株はだいたい20ヶ所ぐらいありますが、全く芽が出てきてないのが1ヶ所だけあります。

できれば、全部元気に出てきて欲しいところですが、土質が土質なので、しょうがないかもしれません。

とにかく少しでも元気に育つように、今年は株の周囲の土を起こして軟らかくし、ちゃんと肥料を入れてやらねば、と思っています。
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2008年04月08日

冬を越えてにんじん3本の思わぬ収穫

今年の野菜つくりに備えて、ぼちぼちと<土起こしをやっていると、昨年植えてそのままにしてあった人参にんじん)がまだ生きていて、3本を収穫できました。

今回収穫したにんじんは、腐ってぶよぶよになっていることも無く、ちゃんとしっかりしたものだった(しかも意外と大きい)ので、よく冬の間、雪の下で生きていたなぁ、と、少し感慨があります。
ちゃんと新しい葉っぱも出てきていました。

正直、昨年の秋頃見たときの記憶では、にんじんがまともに育っていなかったように思った(こりゃ失敗かな、と思っていた)ので、思わぬ時期に立派なニンジンの思わぬ収穫となり、ちょっと得した気分です。

ちなみに、早速カレーライスに入れて食べました。
やはり野菜を自分で収穫して食べられるのは、ありがたいことです。
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人参

2008年04月07日

土起こしと堆肥の混ぜ込み

もう四月ということもあり、私が住んでいる地域でも、(雪がまだ残っているとはいえ)めっきり春らしくなってきたので、さっそく昨日、1回目の畑の土起こしを終わらせました。
(10日ぐらい前から、時間があるときにちょくちょくやっていたのを、やっと昨日終わらせた。)

土起こしに当たって、うちの生ごみを溜めているコンポスト(容量120リットル)がひとつ、中身があらかた堆肥化していたので、とりあえず畑1m2あたりスコップ1杯を混ぜ込むことにしました。

本当は4〜5杯ぐらい入れたいところでしたが、コンポスト1つ分の量だとたかが知れているので、1m2にスコップ1杯が限界と考えたら、おおむねちょうど良くコンポストの堆肥を使い切るという結果に。

しかし、土壌中和用の石灰はまだ用意できなかったため、石灰を購入したらもう1回土起こしをする必要があります。

まあうち畑の一部には、まだほとんど粘土質の部分があるので、土壌改善のためにも、土起こしを複数回やっても損は無いとは思っていますが、うちでは今のところ耕運機を使っていない(スコップで土起こしをやっている)ので、毎年のことながら、なかなか骨が折れます。
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土作り