トップページ > 2010 年03 月

2010年03月28日

アルミの内張りがされた紙パックを、プランターに用いる方法の紹介記事

下記リンク先ページで、「西村自然農園」(愛知県豊田市)の方が考案した、酒の紙パックをプランターとして活用する方法が紹介されています。

農and食:やってうれしい農作業 - 毎日jp(毎日新聞)

詳細は、

・紙パック:
 アルミの内張りがされている紙パックを使用する。
・作り方:
 1.紙パックの側面1面を、長辺1方だけを残して3方を切る。
 2.設置時に底面となる面に、水切り用の穴(数カ所)を開ける。
 3.3方を切って上に開いた面の、上半分を切り落とし、残った部分を立てる。
  (立てた部分が、太陽光を反射する仕組み)
 4.パックの底に、もみ殻か鉢底石を敷き詰めて、その上に園芸用培土を敷く。
・考案の背景:
 考案者の方は、2年前の10月にレタスと折り菜の種蒔きが遅れた際、余っていた農産加工品用紙パックの活用を思いついた。

となっています。

また記事では、考案者の方の、

・「昔、銀紙を使って栽培の遅れを取り戻した人のことを思い出した」
・「大きなプランターの補助的に使えばいい。
  キラキラするので可愛い。
  小松菜やラディッシュ、水菜などを間引きしながら育てるのを楽しんでもらえれば。
  根が張るものは向いていないけれど、ミニニンジンなどはパックを縦にすればOK。
  穴の開いてしまった子供の長靴でも」

とのコメントが紹介されています。


普通であればゴミになってしまう紙パックを、プランターに活用できるというのは、非常にユニークです。

また、アルミの内張りを、太陽光の反射用に生かすところも、野菜の育成の面から、非常に興味深いです。


※参考
・西村自然農園 公式サイト
 http://www.nishimura-n.net/

2010年03月26日

「サカタのタネ」が、野菜の栽培キット付きムック「我が家でミニ野菜をつくる」シリーズを発売

サカタのタネ」が、野菜の栽培キット付きムック「我が家でミニ野菜をつくる」シリーズを発売するとのこと。

サカタのタネが栽培キット付きムック本「我が家でミニ野菜をつくる」:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社

上記リンク先記事によると、このムックの詳細は、

・特徴:
 講談社との共同開発製品で、
 ・冊子(栽培情報や料理方法までを解説)
 ・野菜の栽培キット
 がセットになっている。
 創刊号では、「サカタのタネ」オリジナル品種のミニトマト「レジナ」の栽培キットが付属する。
 またシリーズ第2弾では「ミニニンジン」が付く。
・発売日:
 ・創刊号(ミニトマト「レジナ」付き):2010年3月26日
 ・第2号(「ミニニンジン」付き):同5月28日に発売予定。
・販売店舗:書店
・定価:1,500円

となっています。


「サカタのタネ」のサイト[1]を見ると、非常にコンパクトに必要なものがまとめられている、という感じで、私もちょっと買ってみたくなります。

ともあれ、冊子と栽培キットをセットにして、書店で販売するというのは非常にユニークですが、それだけ野菜栽培を手軽に行ってみたい、というニーズが増えている、ということが伺えます。
(個人的には、野菜つくりに取組めるきっかけが増えることは、非常に好ましいことだと思う)


※参考
・[1]『我が家でミニ野菜をつくる1 ミニトマト』を刊行|2010|ニュースリリース|サカタのタネ
 http://www.sakataseed.co.jp/corporate/news/20100318.html

2010年03月21日

タキイ種苗が、小スペースでベビーリーフを育てられる「そのまんま おてがる菜園」セットを発売

タキイ種苗が、小スペース(ベランダや庭など)で手軽に野菜栽培を行える「そのまんま おてがる菜園」セットを、3月15日に発売したとのこと。

タキイ種苗、“ベランダ農業”サポートセット「そのまんま おてがる菜園」セットを発売 - マイライフ手帳@ニュース

上記リンク先記事と、タキイ種苗のサイト内ページ[1]によると、製品の詳細は、

・開発の背景:
 家庭菜園への注目が高まっている中、土地用意の問題から、家庭菜園を始めることを躊躇している人は多い。
 そのためタキイ種苗では、
 ・小さなスペースでも、失敗せずに、タネまき〜収穫を楽しめること
 をコンセプトに据え、175年の品種開発で蓄積してきた栽培技術ノウハウを活用して、今回の「そのまんま おてがる菜園」セットを開発した。
・特徴:
 ・狭いスペース(ベランダ等)でも、簡単・手軽に、ベビーリーフのトレイ栽培を行える。
  (※「ベビーリーフ」は、若い葉菜(発芽後10〜30日程度)を指す総称で、一般的には数種類の葉(主にレタス、ミズナ、ホウレンソウ、カラシナ等)を混ぜて販売されている。 
    収穫は、葉丈10cm程度に成長したら葉柄部分から行い、サラダ等に用いる。)
 ・栽培用トレイ全体を覆う専用防虫ネットが付属しており、農薬を使用せずに野菜を育てることができる。
・セット内容:
 ・タキイワンウェイ・セルトレイ72穴:1枚(28cm×54.5cm)
 ・底面給水バット:1枚
 ・ネット用フレーム:4本
  (長いフレーム3本、短いフレーム1本)
 ・防虫ネット(マジックテープ付):1枚
 ・タキイたねまき培土(園芸用、栽培約1回分):1袋
 ・栽培説明書:1枚
 ※セットに種は付属しない。
・使用方法:
 給水バットにセルトレイをセットし、園芸培土を入れてベビーリーフの種を播く。
 その後、約1ヵ月(※品種や季節により異なる)で、ベビーリーフが収穫できる。
・価格:オープン(想定実売価格は2,500円)

等となっています。



キャンペーン365
野菜を育てる土台となるトレイや吸水パットの他、土や虫除けネットも含めてセットになっているのは、なかなか利便性が高いと感じます。

また、タキイ種苗のサイト[1]に掲載されている栽培例を見ると、カブも育てられるとのことで、小ぶりなセットながら、使い方次第で野菜の育成・収穫をかなり楽しめそう、とも感じました。


※参考
・[1]創業175年、タキイ種苗が提唱する“ベランダ農業”サポートセット 省スペース!お手軽!楽しい!トレイ栽培で“ベランダ農業”に挑戦! 自分で育てた安心・安全な野菜が食べられる 『そのまんま おてがる菜園』セットを新発売
 http://www.takii.co.jp/info/news_100315.html


楽天市場での「そのまんま おてがる菜園」の検索結果

2010年03月14日

長野県の「キクイチ」が、県内産カラマツの間伐材を用いたプランター「からまつ緑華」を開発

長野県の企業「キクイチ」が、県内産カラマツの間伐材を素材に用いたプランターからまつ緑華」を開発したとのこと。

キクイチ、長野県産材でプランター 有機肥料とセット販売(NIKKEI NET(日経ネット):地域経済ニュース)

上記リンク先記事によると、このプランター「からまつ緑華」の詳細は、

・特徴:
 ・木目の美しさを強調。
 ・木材の固定部品には銅を使用。
 ・プランター内部に工夫を施し、水をプランターから漏れにくくしている。
  これにより、
  ・水やり回数の低減
  ・植物の根を腐りにくくする
  といった効果が得られる。
・発売時期:2010年3月末
 自社製品の肥料とセットで販売する。

等となっています。


「キクイチ」のサイト[1]には、残念ながら当記事の作成時点では「からまつ緑華」の製品情報は掲載されていませんでした。

ただ記事を解説を読む限りでも、確かに高級感が伺えるので、どのような製品なのか、是非(写真だけでも)見てみたいものです。

また、大きさや販売価格も気になるところです。


※参考
・[1]株式会社キクイチ
 http://www.shinsyu-kikuichi.com/

「農業屋」で初心者向けDVD「たのしい家庭菜園〜野菜づくりをはじめよう!」が無料配布予定

農業用品の専門店「農業屋」を経営する「クラギ」が、家庭菜園初心者向けのDVDたのしい家庭菜園〜野菜づくりをはじめよう!」を製作したとのこと。

中日新聞:家庭菜園の疑問、楽しく解決 「農業屋」がDVD作成:三重(CHUNICHI Web)

上記リンク先記事によると、このDVDの詳細は、

・製作の背景:
 最近数年で、定年退職をきっかけとして家庭菜園を始める人が増えている。
 それに伴い、「農業屋」の各店舗では、
 ・「どの品種が作りやすいか」
 ・「何本植えられるか」
 等の初歩的な質問を受けることが多くなっている。
・内容:
 畑の土づくり、植え付け、手入れ、収穫までの一連の作業を、映像などで紹介。
 2009年4月入社の若手社員3人(※全員農業は初体験)が、クラギの「嬉野生産農場」(松阪市嬉野黒田町)の一画(約100m2)を活用し、約3カ月間作業を行った様子を収録している。
 取り上げた作物は、収穫することを目標として、初心者でも失敗しないように、天候の変化に強いトマト、ナス、ピーマン等の夏野菜としている。
・収録時間:約40分
・製作枚数:1万枚
・配布予定:
 2010年3月18日午前9時の開店から、各店舗で先着100人に無料配布する。(※販売はしない)

となっています。

また記事では、

・「野菜作りの喜びを発見するきっかけにしたい」(クラギ)
・「慣れない作業に苦戦したが、たくさん実り、収穫の喜びを実感した。
  野菜づくりの楽しさを伝えたい」(出演者の方の1人)

とのコメントが紹介されています。


個人的な経験からも、家庭菜園初心者にとっては、書籍だけでは確かに分かりづらい部分が多いと思うので、DVDの無料配布は、非常に興味深い取り組みです。


※参考
・クラギ株式会社 - 豊かなみのりにご奉仕する農業の専門店です。
 http://www.kuragi.co.jp/