トップページ > 2011 年09 月

2011年09月11日

浜松市内で、牛乳パックやペットボトルを活用する「スプラウト」栽培の講座が開催

静岡県浜松市内で9月3日、牛乳パックペットボトルを用いる野菜栽培の講座「おもしろマイ畑づくり」が開催されたとのこと。

(ニュース記事)
・牛乳パックで野菜栽培 親子連れ「畑づくり」学ぶ(静岡新聞)
 http://www.at-s.com/news/detail/100058283.html

上記URL先ページによると、今回は天竜中学校の教諭の方が講師を務め、短期間で収穫できる「スプラウト新芽野菜)」の育て方が指導されたとのことで、

・栽培方法の手順:

  1. 紙パックの底にを開ける。
  2. この紙パックに、
    不織布


    を順に入れる。
  3. 上記の紙パックを、水を注いだペットボトルの鉢に並べ、窓辺に置く。


・育てられる野菜:
 ・豆苗蕎麦(約1週間でスプラウトになり食べられる)
 ・その他、
  ・イチゴ
  ・ハーブ
  ・食べ残した果実の種
  等、多様な植物に応用できる。

等の内容が指導されたとのことです。

また記事では、講師の方の

・「日々大きくなる野菜だと、育てて楽しいし命の強さにも触れられる。
  ぜひ親子で挑戦を」

とのコメントが紹介されています。


言われてみると、牛乳パックは紙製ながら、水を入れても耐久性があるので、野菜栽培用の容器に用いる、というのは目から鱗でした。

私は北海道に住んでおり、冬の間も室内で野菜を育ててみたい・・・とは思っていますが、室内の狭さ等からなかなか取りかかれないでいるので、今回の記事は手軽に取り組める方法として参考にしたい、と思います。