トップページ > 全般の日記 > みずな・小松菜が発芽、しかしサラダ菜が怪しい雰囲気

2008年06月29日

みずな・小松菜が発芽、しかしサラダ菜が怪しい雰囲気

葉もの野菜のみずな・小松菜の種を、今年初めて植えてみましたが、1回目に植えた個所からは順調に発芽し、少しづつ大きくなっています。

また、2回目に植えたところからも、順調に芽が出つつあります。

みずなと小松菜は、双葉のときはほぼ同じ外見だったので、正直「どっちにどっちを植えたんだっけ?」と見分けがつかなかったですが、少しづつ本葉が大きくなると、みずなは細めでぎざぎざの輪郭、こまつなは丸っこい葉っぱと、あたりまえですがはっきりと違いがわかりました。

しかし、気になるのはサラダ菜のほうで、1回目にうえたところからは3つほど芽が出ましたが、どうも成長が遅い感じです。

サラダ菜は酸性の土だと上手く育たないそうで、今年は畑の土に石灰(というよりホタテ貝殻粉末)を多めに入れたつもりでしたが、それでもまだ足りなかったのかもしれません。

ともかく、少しでも無事に育ってくれることを願うばかりです。


家庭菜園 ブログランキングへ

posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般の日記
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54855682

この記事へのトラックバック