トップページ > ニュース記事:その他 > 北海道芦別市内で、アスパラガスが歩道のアスファルトを突き破って育っているとのこと

2011年06月18日

北海道芦別市内で、アスパラガスが歩道のアスファルトを突き破って育っているとのこと

北海道芦別市内の歩道で、舗装のアスファルトを突き破ってアスパラガスが育っているとのこと。

(ニュース記事)
・歩道からアスパラガス 芦別−北海道新聞[道央]
 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki/299730.html

上記URL先ページによると、

・経緯:
 該当場所の前にある家の住人の方によると、生え出したのは年前。
 (この家では、ブロック塀を隔てた自宅の家庭菜園でアスパラを栽培している)
 その後年々増加し、今年は十数本になっている。
・生えている場所:
 アスファルトの割れ目が次第に広がり、現在は縦約20cm・横約30cmになっている。

等となっています。

また記事では、住人の方の

・「種が飛んで歩道のひび割れに落ちたのかも」

とのコメントが紹介されています。


大根などがアスファルトを突き破る事例は、私もニュースで何回も見聞きしていますが、アスパラガスでも同様のことが起こるというのは非常に驚きました。

私自身は、身近でアスファルトの下から野菜が出てくることは経験していませんが、家庭菜園で作っているパセリが秋に種をばら撒き、次の年に自然に生えてくる、というのがここ数年続いているので、条件が合えば面倒を見ない場合でも、野菜の種はかなり強い生命力を発揮するのでは、とも感じます。


※参考サイト・ページ
・[1]アスパラガス - Wikipedia


家庭菜園 ブログランキングへ

posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事:その他
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54856028

この記事へのトラックバック