トップページ > ニュース記事:土壌の改良 > 米「PlantSense」社が、PCで土壌データを管理できる低価格センサー「EasyBloom」(約33ドル)を発売中

2011年08月13日

米「PlantSense」社が、PCで土壌データを管理できる低価格センサー「EasyBloom」(約33ドル)を発売中

米国の「PlantSense」社が、パソコンに接続してデータを管理できる低価格な土壌センサーEasyBloom」を発売しているとのこと。

(ニュース記事)
・何か育てられるかしら? そんな時はUSB土壌センサー : ギズモード・ジャパン
 http://www.gizmodo.jp/2011/08/plantsense.html

(メーカーのサイト)
・EasyBloom: plant care, how to grow anything, gift for gardener, gardening tool
 http://www.easybloom.com/

上記URL先ページによると、この製品は土に埋めることで、環境データ(照度、温度、土壌湿度など)を収集。

その後、パソコンにセンサーをUSB接続して収集データを取り込むことで、データベースから、

・該当環境に適する植物の選択
手入れ方法などのガイド

が利用できるとのことです。

ちなみに米amazon.comでの販売価格は、(当記事の作成時点で)32.99ドルとなっています[1]。


私も、家庭菜園の環境(土の状態)と野菜の相性を未だに判断できないでいるので、この製品は価格が安いこともあり、非常に魅力的だと感じます。

ただメーカーサイトを見る限りでは、残念ながら土壌の酸性・アルカリ性までは測定できないようで、その点は残念です。

とはいえ、土壌湿度・温度・照度だけでも測定して判断材料を提供してくれるとなれば助かるので、個人的には、日本での発売が実現することを期待したいところです。


※参考サイト・ページ
・[1]Amazon.com: Black & Decker PCS10 PlantSmart Digital Plant Care Sensor: Home & Garden
 http://www.amazon.com/Black-Decker-PCS10-Digital-Sensor/dp/B003Z4JV8K/ref=sr_1_1?s=home-garden


家庭菜園 ブログランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54856029

この記事へのトラックバック