トップページ > ニュース記事:野菜つくりの知識 > 市街地でのヒグマ出没に関して北海道が、家庭菜園の残り野菜・コンポスト内の生ゴミが格好の餌、と注意喚起

2011年10月23日

市街地でのヒグマ出没に関して北海道が、家庭菜園の残り野菜・コンポスト内の生ゴミが格好の餌、と注意喚起

下記URL先ページでは、北海道千歳市内の市街地で相次いでいる(ひぐま)の出没について、注意事項などが解説されています。

(ニュース記事)
・千歳市街地のヒグマ出没から2週間(苫小牧民報)
 http://www.tomamin.co.jp/2011c/c11101702.html

上記URL先ページによると、北海道でのヒグマの出没状況は、

・目撃・捕獲数(2011年9月末現在):
 ・目撃数:846件(北海道警察による数字)
 ・捕獲頭数:475頭(北海道による数字)
 (※過去10年の同期の平均目撃数は584件、捕獲数は369頭)

・市街地への出没が相次ぐ背景:
 北海道の環境部自然環境課は、下記の要因を挙げている。
 ・ドングリの実の不作:
  ・2011年は、凶作年だった2001年・2005年と同じ状況になっている。
  ・ヒグマの冬眠開始は、通常は10月末から。
   しかし凶作年は、餌を求めるため、11月末まで活動する傾向が強い。
   また、気温の低下が活動を促す。
 ・前年(豊作年)のヒグマの出産増加
 ・若いクマが生息域を追われた:
  子連れの雌グマが交尾を拒み、力の強い雄が雌グマを求めて移動し、玉突き現象となった。

等となっているとのこと。

そして市街地住民における注意点として、北海道自然環境課の担当者の方による、

・ヒグマにとって、最大のごちそうは
 ・家庭菜園の野菜
 ・コンポスト容器の生ごみ
 である。
 (ヒグマは鼻が効き、残飯入りで発酵した生ごみは格好の餌となる)
 ゴミステーションの生ゴミ(定期的に収集される)と異なり、家庭菜園とコンポストは、ヒグマにとって24時間営業のコンビニエンスストアに等しい。

2012年以降に山の実が豊作に転じても、家庭菜園の野菜やコンポストの生ゴミを求めて、ヒグマが市街地に出没する危険性がある。
 このため、絶対に人の食べ物の味を覚えさせてはならず、庭に取り残した野菜やコンポストの生ごみは回収するべき。

との内容の談話が紹介されています。


私の住んでいる地域でも、熊が出没したことを聞いていますが、私は正直家庭菜園の後片付けを結構ルーズにしているので、今後は注意しなければいけない、と感じます。

また、貴重な肥料作りに用いるコンポストの生ゴミも標的になるというのは、かなり困ったことですが、場合によっては私の家でも処理方法を変更しなければならない、とも考えるものです。


※参考サイト・ページ
・[1]ヒグマに注意(「北海道」のサイト内)
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/yasei/yasei/caution.htm


家庭菜園 ブログランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54856033

この記事へのトラックバック