トップページ > ニュース記事:水耕栽培 > 岡山県の「みのる化成」社が、市販の土付き野菜苗を手軽に水耕栽培できる「パワーズポット」を発売中

2012年03月24日

岡山県の「みのる化成」社が、市販の土付き野菜苗を手軽に水耕栽培できる「パワーズポット」を発売中

岡山県の「みのる化成」社が、市販のポット入り野菜苗を手軽に水耕栽培できるキット「POWER'S POT(パワーズポット)」を発売しています。

(メーカー直販サイト内のページ)
・パワーズポット|エコグッズショップ【ecot+[エコットプラス]】
 http://ecot-plus.com/pw/

上記URL先ページによると、製品の概要は

・主な特徴:
 ・みのる化成の自社ブランド「ecot+(エコットプラス)」の製品。
  土作りや肥料管理、また毎日の水やりが不要で、手軽に野菜などを栽培できる。
 ・市販の土付き苗をそのままセットして、水耕栽培に自動順化できる。
  また育てている植物は、いつでも土での栽培に戻すことができる。
 ・栽培できる植物は下記のもので、下に行くほど難しくなる。
  ・実が成らない野菜(葉もの野菜、ハーブ等)
  ・観賞用花類
  ・実が成る植物(イチゴ、ミニトマト、ナス等)
  ※根菜類(大根、にんじん等)の生育は不可。

・使用方法:
 1.水を「パワーズポット」本体の窓の上限まで入れて、付属の肥料を入れかき混ぜる。
 2.本体の電源プラグをコンセントに挿すと、本体の底からブクブクと気泡が出てくる。
 3.付属のかご鉢に、育てたい植物の苗を土が付いたまま入れセットする。
  (水面から約1cm上のところに、かご鉢の底がくる)
  これにより、水面で空気の泡がはじけてかご鉢を濡らし、植物に適量の養分・水分が与えられる。
 4.かご鉢の隙間から根が伸び、空気中で養分・水分を吸収しつつ、水耕で育つ根として成長していく。
  これにより、自動的に水耕栽培へと移行される。
  (※かご鉢の中には土で育つ根残っているため、いつでも土耕に戻すことが可能)

・セット内容:
 ・「パワーズポット」本体
 ・3鉢植え付け台
 ・カゴ鉢(3つ)
 ・専用肥料
 ・ハイドロボール
 ・吸水布

・価格:9,870円(消費税5%込み)

等となっています。

またYouTubeには、メーカーによる商品紹介動画が投稿されています。
(下記、メーカーサイトにも掲載されている)




肥料は専用のものを使う必要がある、というのがちょっと気になる点ですが、それでも市販の苗をそのままセットして育てられる、というのは、利用のハードルが低くて魅力的だと感じます。

加えて、苗自体は水に漬けず水面より上に配置しておき、気泡により水をはじけさせて水分・養分を与える(それにより土での栽培に戻す余地を残せる)、という方式は非常にユニークで、例えば家庭菜園に植える苗の育成用機器としての利用も考えられるのではないでしょうか。

鉢やプランターで野菜を育てるのは、少ない土にちゃんと環境(肥料、pH、空気の通り等)を整えてやる必要があり、個人的にはハードルが高いので、冬の野菜栽培向けにこの製品の購入もちょっと検討したいところです。


※参考サイト・ページ
・[1]水耕栽培(ウィキペディア)

※水耕栽培キット「パワーズポット」の口コミ、販売価格
 http://wakuwaku-kaimono.net/gardening/Minoru-Kasei_Hydroponics-Kit_Powers-Pot.html


家庭菜園 ブログランキングへ

posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事:水耕栽培
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54856035

この記事へのトラックバック