トップページ > ニュース記事:その他 > 岐阜県海津市の家庭菜園でジャガイモに実がなる事例が続発、年初の低温・5月の少雨などが影響?

2012年06月17日

岐阜県海津市の家庭菜園でジャガイモに実がなる事例が続発、年初の低温・5月の少雨などが影響?

岐阜県海津市の家庭菜園で、ジャガイモにミニトマトのようながなる事例が相次いでいるとのこと。

(ニュース記事)
・ジャガイモにミニトマト!? 海津・安田さんの菜園(岐阜新聞)
 http://www.gifu-np.co.jp/hot/20120610/201206101106_6347.shtml

上記URL先ページでは、具体的な例として

・「キタアカリ」約80株のうち約20株に、緑色の丸い実(直径1cm前後)が3〜8個ついた。
 ただし「養分を取られたせいか、掘り出したジャガイモは小さい」(菜園の所有者の方)

との状況が紹介されています。

また、ジャガイモが実をつけた要因として

・天候不順の影響:
 地元の種苗販売店は、
 ・今年初めからの低温
 ・5月の少雨
 が影響した、とみている。
花粉の量が多い年のため、実がつきやすい品種で受粉した。

との状況が挙げられています。


私の家の菜園でも、以前ジャガイモを植えていたときに小さい実がついたことがありますが、今回の記事に掲載されている写真のように鈴なりにはなっていなかったので、ジャガイモでもこれだけの実がつくものなのか、と非常に興味深いです。

ただし当然のごとく食べることはできず、その点は仕方が無いとはいえ、立派な実であるだけに何とも残念です。


※当ブログの関連記事:
ジャガイモになる小さい実は、ミニトマトに似ているが色は赤くならず、また食べられないとのこと(2010/07/09)


家庭菜園 ブログランキングへ

posted by 管理人 at 14:43 | Comment(0) | ニュース記事:その他
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: