トップページ > 南瓜
(このページ内の記事一覧)

2007年10月06日

今年のかぼちゃは計5個

 里芋やさつまいもと同じく、かぼちゃも全て収穫を終えた。

 今年は2本の苗を植えて、計5個の実が収穫できた。

 どれも結構大きく、また重い(足に落とすと痛そう)実である。

 ただ、うちでは人工的にめしべに花粉を受粉させることをやっていないせいか、毎年かぼちゃの実は数が少ない感じがする。

 (野菜つくりの本を読むと、花が落ちない早朝に、おしべをめしべにこすりつけて人口受粉させることになっているが、正直めんどくさいので、受粉については、蜂などの虫にまかせっきりです。)
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南瓜

2007年08月13日

かぼちゃがやっと大きくなってきた

 苗で買ってきたのを植え付けて以来、なかなか大きくならなかったかぼちゃだったが、最近降り続いた雨のおかげか、やっと調子が出てきたようで、蔓が伸び、葉も大きくなり始めた。
 (実は、今のところ2つ大きくなってきているのが確認できている。)

 それにしても、植えた最初のうちになかなか大きくならなかったのは、土の栄養が去年よりも少なくなっているからだろうか?
 かぼちゃに限らず他の野菜でも、根が、2〜30cmほどの深さに施した肥料(鶏糞)に到達すれば、成長は一気に早くなるようであるが・・・。
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南瓜

2007年06月21日

かぼちゃの苗を植えた

 月曜日(6/18)に買ってきたかぼちゃの苗2つを、昨日6/20に家庭菜園に植えた。
 
 かぼちゃの場合、つるがものすごく長く伸び、葉っぱも大きいので、うちの場合は植える場所には結構気を使ったりする。
 というのは、うちの家庭菜園では、畝の幅を70cm、畝の間を30cm(計1m)と決めている。
 それは、連作障害対策のための場所変えを考えると、野菜によって、畝の寸法をいろいろ変えるのが面倒くさい、というものぐさな理由からである。

 畝の幅を全て一定にしていると、これが普通の野菜なら特に問題は無いが、かぼちゃの場合は他の野菜を日陰にしてしまったりするので(去年はレタスが育たなかった)、うまくつるを邪魔にならずに這わせるような位置を考えた。

 そこで、まず空いている1本の畝の一番はしに1つ、それととうもろこしを植えている畝の一番端に、なんとか空きスペースがあったのでそこにもう1つ、無事かぼちゃの苗を植えた。

 今までの年に比べると、ちょっと時期が遅めの感はあるが、なんとか無事に育って花開かせ、立派な実をつけてほしい。
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南瓜

2007年06月16日

かぼちゃの種の芽出しに失敗

 うちの野菜つくりで、1年目から毎年育ててきた野菜の一つにかぼちゃがある。
 
 かぼちゃはとりあえず、種を直に土に植えて育ててきた(1箇所に種4つぐらい)。
 しかし、毎年せっかく出てきたかぼちゃの芽を間引きするのが忍びないので、今年は種を水につけて芽出しをしてから(といっても本当に水につけておくだけ)、家庭菜園に植えてやろうと考えていた。

 うちで植えてきたかぼちゃの種は、袋に入っているやつを買ってきたこともあるが、ほとんどがスーパーで買ってきたかぼちゃから取り出してとっておいた種である。
 (市販品のかぼちゃの種は、数粒で200円以上するので、高価である。)

 ただ、野菜つくりを始めた最初の年(2004年)にとっておいた種を昨年まで使い続けていて(かぼちゃの種は、1つの実からすごいたくさんの数が取れる)、今年も大丈夫かな、と思いつつその種を使おうと考え、皿に種を4つ入れて水につけておいた。

 しかし、ちょろっと最初の根は出た形跡はあるが、何日たっても一向に根が伸びてこない。
 それでもう4つ種を追加し、水を毎日取り替えつつ(暑いのでカビが発生しやすい)、また数日見てみたが、やはり一向に根が育たない。

 どうやら、流石に4年目になると、かぼちゃの種はもうダメのようである。
 (保管の仕方が袋に入れず、空気中に晒しておいたせいもあるかもしれない。)
 まだまだ残った種がガッパリあるのに、残念である。

 ただ、同じく2004年から使い続けている市販品の大根の種は、まだバリバリ芽が出ている。
 やはり、保管の仕方によって、野菜の種の寿命も変わるようである。(当たり前か)

 それにしても、野菜の種が無事に育つことができるのは、相当低い確率であるように感じられる。

 例えばかぼちゃなら、あれだけたくさんの種がスーパーで買ってきた実に入っていても、畑に植えられるのはごくごく一部、しかも無事に芽が出るのもその一部。

 そう考えると、単に無事に生きて育つ、ということは、それ自体が非常に難しいことのように感じられる。
 (しかも、運に左右される部分が非常に多い)

 変な話だが、野菜の種とはいえ、どうも他人事とは思えないというか、ある種の切なさ、寂しさを感じてしまう。

 とりあえず、ホームセンターでかぼちゃの苗を買ってくるしか無さそうだ。
 まだ売っていればの話ですが・・・。
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南瓜