トップページ > とうもろこし
(このページ内の記事一覧)

2008年06月26日

とうもろこしはほぼ全て発芽

先日見てみると、畝3本に植えたとうもろこしの種が、ほぼ全て発芽したようです。

今回植えた種は、昨年植えた種の残りが多かったですが、まだまだ発芽率が高いようで、9割以上が芽を出しています。

また今回は、1ヶ所(?)あたりに種を2つ、20cmほど間隔をあけて植えており、全て育つと、かなりの本数ができることになります。
(土の栄養が足りるか、少し心配ではありますが。)

ともかく、とうもろこしが育った後の畑の土は、心なしかかなりほぐれている感じがするので、土の改善もちょっと期待しています。
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | とうもろこし

2007年10月06日

とうもろこしも終わり

 とうもろこしの実を全て取り終わり、株を全て抜いて畑を整理した。

 (といっても、私ではなく家族がやったのだが。)

 個人的には、せっかく実をつけて楽しませてくれたとうもろこしので、寒くなって枯れるまでそのまま生やしておいてやりたい、という気もあったが、どこかで区切りをつけないと畑が片付かない(次の年の準備ができない)のも確かである。

 今年のとうもろこしは、1箇所から2本〜3本を、間引きせずにそのまま大きくさせてしまった(これまでもそうだったが、何か忍びない気がして)が、思ったよりも実がパンパンになり、味も良かった。

 今年はその分(とうもろこしは土の栄養分を多く必要とするため)、野菜つくりが終わったら、畑に肥料をきっちりと入れて、栄養分を補ってやらないとならないと思われる。
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | とうもろこし

2007年09月01日

とうもろこしがけっこうな収穫

 何日か前、今年初めてとうもろこしを少し収穫してみた。

 うちで育てたとうもろこしは、苗で買ってきたものと種から育てたものがあるが、いずれも芽が一箇所から2〜3本出ていて、間引きするのがなんとなく気が引けたので、そのまま大きくなるまで育ててしまった。
 野菜つくりの上では、ちゃんと育てるためには、やっぱり間引きは欠かせないとは思っているのだが・・・。

 なので、多分実も小さくなるかな?と思っていたが、いざ実を獲ってみると、意外にもパンパンに粒が揃っていた。
 ゆでて食べたが、味も濃くて美味しい。
 この調子だと、残りのとうもろこしにも期待できそうである。

 とりあえずは、鶏糞を畝のちょっと深いところ(30cmぐらい)に多めに入れているのが、効いているのだろうか?
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | とうもろこし

2007年06月25日

とうもろこしの芽が無事出揃う

 以前に新しく植えたり、芽の出ない箇所に追加して植えたとうもろこしの種が、今日見たところ、無事にほぼ全ての箇所で芽を出した。
 やはり、新しく買った種だと、発芽率が良いようである。
 
 と言いつつも、最初に植えたとうもろこしの種にも、芽を出しているものがあった。完全にダメか、と思っていたけれども。
 野菜つくりにおいては(趣味の範囲と言えども)、単純に種がいつ発芽するかどうかということでも、実際に一体どうなるのか、やっぱり結果を予想・推測するのは難しい。
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | とうもろこし