トップページ > ニュース記事:野菜の種、苗

2011年04月09日

サントリーフラワーズが、野菜苗「サントリー 本気野菜」33種を発売

サントリーフラワーズ」社が2011年4月初旬に、野菜苗サントリー 本気野菜33種を発売するとのこと。

(ニュース記事)
・サントリーフラワーズ、ベランダ栽培で楽しめるトマトなど野菜苗「サントリー 本気野菜」を発売(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=277107&lindID=4

(サントリーフラワーズのサイト内ページ)
・商品ラインアップ 本気野菜 サントリーフラワーズ
 http://www.suntory.co.jp/flower/homegardens/lineup/index.html

上記URL先のニュース記事では、今回の主な新商品として、

・「本気野菜トマト ベランダ収穫シリーズ」:
 ・特徴:
  初心者にも薦められ、ベランダでも栽培できる鉢植え用トマト。
  草丈がコンパクト(40〜50cm)ながら、実なりが充実する。
 ・種類:
  ・黄色のミニトマト「ベランダイエロー
  ・赤色ミニトマト「ベランダレッド
  の2種。
 ・希望小売価格:各380円(税別)

・「本気野菜 味わい自慢ゴーヤ」:
 下記の2種。
 ・「デリシャスゴーヤ」:
  ほのかな苦味を持ち、生でも食べられる。
 ・「ごろごろゴーヤ」:
  早いタイミングからよく実り、ゴーヤ特有のしっかりとした苦味を持つ。
 ・希望小売価格:各330円(税別)

・「本気野菜 味わい自慢ガーデンメロン」:
 ・特徴:
  メロンのような香りとすっきりとした甘さを備えるマクワウリ。
 ・種類:
  下記の2種。
  ・「スイートガーデンメロン」:小ぶりながらも甘みがある。
  ・「らくなりガーデンメロン」:病気(うどんこ病など)に強く、育てやすい。
 ・希望小売価格:330円(税別)

が挙げられています。
(※他の新商品は、
  ・「本気野菜トマト あまさセレクトピュアスイートミニイエロー
  ・「夏のおつまみシリーズあまみモロコシ

ちなみに2010年の「サントリー 本気野菜」の販売数量は、前年比2倍だったとのことです。


「サントリー 本気野菜」の2009年の販売数は51万個(前年比5割増)だったとのことで、家庭菜園への関心が高まっているとはいえ、2010年の伸びの著しさには驚きました。

2010年の「サントリー 本気野菜」の種類は29種でしたが、この販売状況であれば品種を拡充するのも、当然の取り組みだと感じます。

2010年03月14日

「サントリーフラワーズ」が2010年4月上旬に、野菜苗「サントリー 本気野菜」29種を発売

サントリーフラワーズ」が4月上旬に、野菜苗「サントリー 本気野菜」29種を発売するとのこと。

サントリーフラワーズ、野菜苗「サントリー 本気野菜」29種を発売(日経プレスリリース)

上記リンク先記事によると、今回のラインナップは、

・トマト:下記の計13種。
 ・「欧州グルメシリーズ」5種:
  調理用品種で、既存の人気商品。
 ・「あまさセレクト」5種:
  生食のおいしさを追求し、甘さの質にこだわっている。
 ・「あんしん収穫シリーズ」3種:
  つくりやすさにこだわった、生食用の厳選品種。
  初心者にも適している。
 (※)一部リニューアル商品を含む

・「味わい自慢シリーズ」:
 ・「味わい自慢ナス」2種:濃い味わいが特長。
 ・「味わい自慢キュウリ」4種:食感(甘さや歯切れ等)にもこだわっている。
 ・「世界のおいしいトウガラシ」5種
 ・「夏のおつまみシリーズ(枝豆・トウモロコシ)」
 等。

となっています。


以前の記事でも思ったことですが、野菜の苗の販売において、味や食感などもアピールポイントに入れているのは、収穫した後の楽しさが想像されるので、確かに魅力が強調されると感じます。


※参考
・本気野菜 サントリーフラワーズ
 http://www.suntory.co.jp/flower/homegardens/index.html

2009年11月08日

パッケージがユニークな野菜種「グリーンスティック」の紹介記事

下記リンク先記事では、レコード会社「バッファローレコード」(神奈川県鎌倉市)が販売しているギフト商品「グリーンスティック」が紹介されています。

日本農業新聞 - ブーム火付け?/マッチ型の菜園セット(11月7日)

上記リンク先記事によると、「グリーンスティック」の詳細は、

・発売:2008年1月
・大きさ:縦5cm・横7cm
・特徴:
 お洒落なデザインのパッケージ(※企業広告も印刷可能)の中に、紙マッチのような棒状の厚紙が10本入っている。
 厚紙の先端に、野菜の種が挟んであり、1本ずつ折ってそのまま土に挿すことで、野菜を育てることができる。
・種類:16種類(ニンジン、トマト、セロリ等)

となっています。

記事では、バッファローレコードの方の

・「農業を楽しむ入り口になってほしい」

とのコメントが紹介されています。


レコード会社が野菜の種を販売するというのも意外ですが、その販売方法(商品デザイン等)も、非常にユニークだと感じます。

紹介サイト[1]を見てみると、価格もお手ごろなので、私も冬の室内での育成用に、ちょっと買ってみたくなります。


※参考
・[1]グリーンスティック ホーム-TOP | グリーンスティック
 http://greensticks.jp/

サントリーフラワーズが、家庭菜園向けの野菜苗「本気野菜」の品揃えを拡充

サントリーフラワーズが、家庭菜園向けの野菜本気野菜」の品揃えを拡充するとのこと。

日本農業新聞 - 野菜を本格販売/サントリーフラワーズ

上記リンク先記事によると、「本気野菜」は今年で発売3年目で、現在は

・トマト
・パプリカ

をラインナップ。

これを2010年度には、消費者に人気の高い野菜である

・トマト
・ナス
・キュウリ

を、「御三家」として重視するとのことです。

このうちトマトでは、現在の種類(2シリーズ9品種)を見直して、

・「あまさセレクト」(甘さと食感にこだわったシリーズ)
・「あんしん収穫シリーズ」(育てやすい種類)
・「欧州グルメシリーズ」(大玉で調理に向く種類)

の計3シリーズ・全13種類に変更。

サントリーフラワーズでは、消費者の需要に対応した品揃えを行うことで、

・売り上げの向上
・家庭菜園分野でのブランド化

を図る狙いがあるとのことです。


野菜のの種類を拡充するというのは、やはり家庭菜園の人気の高まりを受けて、ということでしょうか。

個人的には、味や育てやすさ・調理しやすさでシリーズを体系化するのは、用途がわかりやすくて良いと感じました。


※参考
本気野菜 サントリーフラワーズ
 http://www.suntory.co.jp/flower/homegardens/index.html

カネコ種苗が、ほうれん草の新品種「ハンター」を開発

カネコ種苗が、ほうれん草の新品種「ハンター」を開発したとのこと。

作りやすさの秘密は'耐病性'と'立性'カネコ交配「ハンター」ほうれんそう | 新製品 | JAcom 農業協同組合新聞

上記リンク先記事によると、「ハンター」の詳細は、

・病気の耐性:べと病レース1〜7に対して抵抗性がある。
・特徴
 ・葉:色は極濃緑で、光沢がある。
 ・草姿:
  立性で収穫しやすい。
  また、荷姿も良く、品質・作業性に優れる。
 ・葉数が多い割に葉幅が広く、軸も太いため、株張りが良くボリューム感がある。
・生育・収穫期:
 生育はややゆっくり。
 そのため、収穫適期の幅が広い(9月下旬〜5月)。
・味:
 アクが少なく、あっさりとした味わい。
 また繊維が柔軟であり、食感が柔らかい。
 おひたしの他、味付けした調理にも最適。

となっています。

そして記事では、上記の特徴から、

・様々な料理で美味しく食べることができる、
 ・作りやすさ
 ・美味しさ
 を兼ね備えた、生産者(家庭菜園を含む)〜消費者まで喜ばれる品種。

との紹介がされています。


私にとっては、ほうれん草はなかなか上手く育てることができない野菜ですが、「ハンター」のアクが少なく、葉が柔らかいという点には、なかなか魅力を感じます。


※参考
カネコ種苗株式会社
 http://www.kanekoseeds.jp/