トップページ > ニュース記事:その他

2010年09月26日

ロシアでは、主食のジャガイモの6割以上が家庭菜園で生産されているとのこと

下記URL先ページでは、雑誌「日経エコロジー」2008年7月号に掲載された、連載「ニッポンの食」の最終回の内容が掲載されています。

(ニュース記事)
・市民農園の活況に見いだす希望:エコライフ:ECO JAPAN −成長と共生の未来へ−
 http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20100915/104803/?P=1

この記事の中で、

・2001年7月に、当時の米国大統領ブッシュは、農業団体の集まりにおける演説で、下記の内容を語った。
 ・「自国の食料さえまかなえない国がある。
   信じられるか?
   それは国際的な圧力と危険にさらされている国だ」
 (※記事内では食料自給率として、
   ・米国:100%超
   ・日本:39%
   との数字が挙げられている)

・米原万里氏の著書「ロシアは今日も荒れ模様」(日本経済新聞社)の中では、下記の内容が記述されている。
 ・都会在住のロシア人は、社会的地位を問わず、週末や長期有給休暇に、「ダーチャ」(郊外のセカンドハウス)で生活する。
  ここでは、大多数のロシア人が農業を手がけている。
 ・小川和男氏は著書「ソ連解体後」(岩波書店)の中で、
  ・「ロシアのジャガイモの60%以上は家庭菜園で生産されている」
  と指摘している。
  (ジャガイモとパンはロシア人にとって、日本人のコメに相当する主食)

等の内容が記述されています。



(楽天ブックス)
個人的な経験としても、家庭菜園で自分で野菜を育て、それを普段の食事で食べられるというのは、「(例え一部とはいえ)食料を自分で得ている」との感触があり、少なからぬ安心感があります。

また「自分で食料を得る」という行為自体が、人間として何らかの活力をもたらすようにも思われます。

最近のニュース等では、日本の経済力の減衰を懸念する内容が目立つと感じていますが、まずもっと基本的なこととして、自分達の食料を自分達で供給するという取り組みは、ますます重視されるべきではないか、と考えます。
(尤も現在は既に、家庭菜園や市民農園利用者の拡大など、市民の自発的な動きが急拡大しているようにも感じられますが)

またもう1つ、今年から堆肥を(雑草を利用して)自前でできるだけ多く賄うことに取組んでいる私としては、野菜などの生育に根本的に関わる「土」について、質を継続的に高めていくような取り組み・方法が、これからは一般に急速に普及させていくことが必要になるのでは、とも考えます。
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事:その他

2010年07月10日

ワシントン市内の家庭菜園が海兵隊宿舎の建て替え候補地になり、地元の利用者らが反発

下記URL先ページでは、米国ワシントン市内に開設され、市民が利用している家庭菜園の土地が、海兵隊宿舎の候補地になったことによる問題が、動画ニュースにより詳しく解説されています。

(ニュース記事)
・家庭菜園を守れ!米国首都の“基地問題” | 日テレNEWS24
 http://news24.jp/articles/2010/07/07/10162291.html

記事によると、この家庭菜園の場所は元々、治安が悪い公園(麻薬常習者が集まる等)でしたが、2004年に近隣住民が市の許可を得、家庭菜園に改造。

現在は家族70組が利用し、子供の教育にも活用されているとのことです。

しかし、近くにある海兵隊宿舎が老朽化し、建て替えの必要が生じたことから、この家庭菜園の場所が有力な候補地に浮上。

これに対し利用者の住民らが反発しており、議員やミシェル大統領夫人への働きかけを行っているそうです。


動画では、地元の利用者が菜園の手入れ等をしている様子も紹介されており、国が違ってもやっていることは同じ、と何か安心させられ、和むものがありました。

それはともかく、確かに畑の土(野菜が育つ環境)をつくるのには時間と手間が必要であり、単にお金を出して他所からぽっと持ってくれば済むものではないので、個人的には、動画内で利用者の男性が語った「土地と結婚したようなもの」との言葉が非常に印象的で、強く共感を持ちました。

とはいえ、海兵隊側の事情も勿論否定できるものではないので、何とか双方が納得できる、良好な解決策を見つけてほしいものです。
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事:その他

2010年05月09日

家庭菜園ブームは拡大するも、開始後1年以内に中断する人は4割とのこと

下記リンク先記事では、家庭菜園のブームを背景とした、関連企業における需要獲得の取り組みが紹介されています。

家庭菜園 成長止めるな クボタなど講習会 顧客つなぎ止め (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

この記事の中で、

(市民農園の数)
・市民農園の数は、2008年度には全国3,382カ所に達している。(10年間で約6割の増加)
 「クボタ」のトラクタ事業推進部の方によると、
 ・「10m2程度を借りて、手軽に楽しむ人が団塊世代を中心に増えている」
 とのこと。

(耕運機)
・取扱が簡単なカセットガス式のミニ耕運機は、
 ・クボタ「ニューミディ カチット」:
  2010年1月に発売後、3カ月で1,000台(年間目標に相当)を販売。
 ・ホンダ:
  2009年に発売した製品は、既に1万台以上を販売している。
 という状況。

(野菜の苗)
・サントリーフラワーズが発売している野菜苗「サントリー 本気野菜」は、2009年の販売数が51万個(前年比5割増)。
 2010年度は、取扱品種を大幅に拡大して、売上倍増を狙う。

(殺虫剤)
・ハンドスプレータイプの殺虫剤の市場規模は、2009年は前年比1割以上の拡大。
 特に、天然成分系は5割増となっている。
 ・「家庭菜園が牽引役で、より安全性を求める動きが強まっているため」
  (フマキラーのマーケティング部グループリーダーの方)

(イベント開催の取り組み)
・クボタ:
 2009年に立ち上げた「家庭菜園教室」の開催回数を、2010年には2倍(20回以上)に増やして、対象地域も拡大する方針。
・タキイ種苗:
 ・瀧井傅一社長は、家庭菜園の人気について「新しい農業分野」とみている。
 ・2009年スタートの「ベランダやさい学科授業」を、積極展開。
  若い世代を対象に、ミニトマト等の正しい栽培方法を指導する。
・フマキラー:
 専門アドバイザーを講師に迎え、ホームセンター等と共同実施する「寄せ植え教室」の普及に注力する。

(家庭菜園の継続状況)
・フマキラーによると、
 ・家庭菜園を開始してから1年以内で中断する人は、4割に達する。
 とのこと。

等の内容が記述されています。


家庭菜園ブームに関わる多様な企業の動きが紹介されていますが、個人的には、家庭菜園を1年以内に中断する人が4割もいるということに、かなり驚きました。

もっとも、私も本を見ながら家庭菜園を始めた身なので、全くの素人が、ある程度野菜が育つまで作業に取組むというのは、確かに辛抱が要る、ということも強く感じます。


※参考(ブログ「家庭用ミニ耕運機の情報を集める」の記事)
クボタが、カセットガス式ミニ耕運機「ニューミディカチット」を発売(2010年01月23日)
カセットガスボンベや、電気で動く家庭用小型耕運機の、販売動向を解説している記事(2009年09月27日)
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事:その他

2010年04月24日

京都市が緑化助成の対象を拡大、野菜栽培も対象に

下記リンク先記事では、京都市による緑化助成の対象の拡充について解説されています。

京都市、緑化助成を拡大 家庭菜園や個人駐車場… :京都新聞

具体的には、

・助成対象:
 2010年度から、下記が対象に加わる。
 ・建物の屋上や壁面緑化:
  従来の樹木・芝などに加え、
  ・1年生植物や野菜(ヘチマやゴーヤー等)
  も助成対象とする。
  (※緑化面積5m2以上、等の条件あり)
 ・地上の緑化:
  ・駐車場:
   不特定多数が利用するコイン駐車場などに加えて、個人駐車場も対象とする。
  ・個人宅の庭:
   道路から、低木や芝などが見える場合に限って対象とする。
  (※緑化面積は3m2以上が必要)

・助成金額:
 ・1m2あたり5,000円(※屋上緑化は1万円)
 ・緑化経費の半分
 の、いずれか低い方を適用する。
 上限額は、
 ・屋上:30万円
 ・壁面・地上:各15万円

・申請受け付け:2010年5月12日から開始。

等の内容が記述されています。


記事では「家庭菜園も対象となる」旨が記述されていますが、家の庭で野菜を作る場合については、適用の対象となるものなのか、基準の確認が必要であると感じます。
(屋上・壁面緑化における野菜栽培については、明確に取り上げられていますが)


※参考
・平成22年度「京(みやこ)のまちなか緑化助成事業」/京都市  建設局  緑政課
 http://www.city.kyoto.lg.jp/kensetu/page/0000077546.html
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事:その他

京都府城陽市の農家・家庭菜園で、荒らしが連続発生

京都府城陽市西部の耕作地「荒州(あらす)」で、農家や家庭菜園の荒らしが連続発生しているとのこと。

城陽市西部で耕作地荒らしが横行農機具盗難も、農家ら警戒強める :京都新聞

上記リンク先記事によると、詳細は、

・被害の事例:、
 ・寺田地域の農家の方:
  2009年5月に、根付いたばかりの夏野菜(ナスビ等)の苗約50本が抜き取られた。
  苗の被害は、数年前から続いている。
 ・農家組合の2009年度代表の方は、
  ・最近5年ほどで、人の目の届きにくい国道24号西側で被害が増加している。
  ・農機具を盗まれた人もいる。
  ・「畑は出入り自由なので、あきらめている人が多いはず。
    みんなで仲良く農業したい」
  と語っている。
 ・家庭菜園:
  ・寺田に住む方は、今年3月初めに、有機栽培のホウレン草約600本が取られた。
   更に1カ月後には、覆いをしていた小松菜が約20本試し抜きされて捨てられていた。
  ・同時期には、他の菜園数カ所でも、
   ・大根約20本が抜かれる
   ・キャベツ10個、レタス30個、未使用の石灰2袋が盗まれる
   といった被害が発生している。

・対策:
 寺田地域の農家組合では、2010年1月に城陽市に頼み、A3版のポスター(「農作物パトロール 強化地域」と記している)を約10枚作成して、掲示を開始している。

等の内容が記述されています。


家庭菜園は基本的に見張り等はされないので、いたずらや盗難も起こりうるのではないか、と思ってはいましたが、実際の事例を聞くと、心無い行為にはやはりがっかりさせられます。

残念ながら、本当に対策を講じるには、監視カメラを設置することは必要なのかもしれません。


※参考
城陽市 - Wikipedia
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事:その他