トップページ > ニュース記事:講習会・教室

2010年01月23日

広島県の「平田観光農園」が、イチゴの食べ比べと育て方の学習ができる教室を開講

広島県の「平田観光農園」(三次市上田町)が、園内でイチゴを食べ比べつつ、その育て方を学習できる教室を開講するとのこと。

イチゴ栽培 20年の技伝授(中国新聞 地域ニュース)

上記リンク先記事によると、事業の詳細は、

・目的:
 家庭菜園ブームを追い風として、一般の人に自宅でイチゴに親しんでもらい、果物ファンを増やす狙いがある。

・指導:
 平田観光農園が約20年培った、苺の栽培ノウハウを指導する。
 (同農園では、40aのハウスで約3万5,000株・10種類(「とちおとめ」「女峰」など)の苺を育てている。)
 具体的には、同農園のイチゴ担当の方々3名が、
 ・生育のポイントとして、
  ・土の配合
  ・水やりの量
  ・果実の成長期に、古い葉を摘むタイミング
  等を紹介する。
 ・品種ごとの特徴を解説する。
 ・参加者の質問に回答する。
 といった内容の指導を行う。
 また受講者は、同農園が育てている苺の各種類を、数個ずつ食べ比べることができる。

・実施期間:
 5月までのイチゴ狩り期間中に、受講者が10人前後集まった場合、随時教室を開催する。
 (受講には予約が必要)

・料金:
 苺6種類を食べ比べる場合は、
 ・中学生以上:1,800
 ・小学生:1,600
 ・3歳以上:1,400
 (※その他、
   ・8種類
   ・10種類
   のコースもあり)

等となっています。


苺を専門に育てている農園で、実際に指導を受けられるというのは、個人的にはかなり魅力的に感じます。


※参考
・ただいまいちご狩りが楽しめます。イチゴピザ作りも楽しいフルーツの森平田観光農園です。  - くだもの狩りはおまかせ。 広島県三次市のフルーツの森平田観光農園
 http://www.marumero.com/